タカマツペア圧勝 体育館の“風”攻略「勝負楽しんでいる」

[ 2017年9月21日 05:30 ]

バドミントン ダイハツ・ヨネックス・ジャパン・オープン第2日   高橋・松本2―0潘・謝 ( 2017年9月20日    東京体育館 )

<ジャパンオープン>シャトルを打ち返す松友(右)、高橋ペア
Photo By スポニチ

 体育館の「風ニモマケズ」。バドミントンのタカマツペアが2―0で好発進した。

 「毎年シャトルが飛ばなくてラリーが長くなるイメージだったが、今年は凄く飛んだ」と高橋。空調による風の影響は想定外だったが、百戦錬磨のベテランペアは冷静なプレーで“難敵”も見事攻略した。

 松友は「相手に対してどのくらい通用するのか、相手との勝負を楽しんでいる。出し切れるように頑張りたい」と次戦を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年9月21日のニュース