PR:

【記者フリートーク】藍の優しさに私も救われた

米女子ゴルフツアー エビアン選手権第1R ( 2017年9月15日    フランス・エビアン エビアン・リゾートGC=6479ヤード、パー71 )

左手首を痛め4番第2打地点で棄権したP・クリーマーを心配する宮里藍
Photo By スポニチ

 宮里に救われたのはクリーマーや曽雅?だけではない。大会開幕3日前の11日朝、コースに到着した記者は、取材パスを受け取るためプレスセンターに向かった。ところが出入り口にいるボランティアは「取材パスを持っていない人は入れません」の一点張り。右往左往している時、選手パス受け取りなどの手続きのためマネジャーと一緒に来ていた宮里が「おはようございます。どうしたんですか」と声を掛けてくれた。

 状況を説明するとマネジャーがプレスセンターの別の入り口を教えてくれた。おかげで無事に取材パスを受け取ることができた。「今週よろしくお願いします」と言う記者の言葉に「よろしくお願いします」と答えた宮里の笑顔で心がじんわりと温かくなった。(ゴルフ担当・福永念彦)

[ 2017年9月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月15日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム