大嶽部屋世話人の友鵬勝尊氏死去 60歳 8日の稽古後倒れる

[ 2017年9月9日 05:30 ]

 大相撲大嶽部屋で世話人を務めていた友鵬勝尊(本名・長崎勝)さんが8日、死去したことが分かった。60歳。沖縄県出身。詳しい死因などは不明。関係者によると8日の稽古後に倒れて意識を失った。

 1975年に大鵬部屋に入門し、最高位は西幕下筆頭。1991年秋場所で現役を引退。元横綱の大鵬親方の信頼が厚く、世話人として日本相撲協会に残り、大嶽部屋では十両・大砂嵐らの出世を下支えした。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年9月9日のニュース