キャバリアーズとセルティクスの間で合意に達した大型トレードが破談?キャバリアーズ側が難色

[ 2017年8月28日 14:20 ]

セルティクスのアイゼイア・トーマス (AP)
Photo By AP

 NBAキャバリアーズとセルティクスで合意に達していた大型トレードが成立しない可能性が出てきた。

 キャバリアーズはトレードを志願していた主力ガードのカイリー・アービング(25)を放出。セルティクスはその交換要員としてアイゼイア・トーマス(28)、ジェイ・クラウダー(27)、アンテ・ジジッチ(20)の3選手とドラフト1巡目指名権を譲渡することになっていたが、プレーオフで臀部(でんぶ)を痛めたトーマスの回復状態についてキャバリアーズが難色を示したためで、現在継続しているメディカル・チェックの結果次第では、交換要員の変更が不可欠になりそうだ。

 トレードの成立期限は30日。破談となった場合、キャバリアーズはキャンプ開始前までに再びアービングの移籍先を探す必要に迫られるだけに、今後の動向が注目されている。

続きを表示

この記事のフォト

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年8月28日のニュース