栄強化本部長 若手の躍進喜ぶ「着実にいいムードになっている」

[ 2017年8月28日 05:30 ]

レスリング世界選手権最終日 ( 2017年8月26日    フランス・パリ )

 日本レスリング協会の栄和人強化本部長は「着実にいいムードになっている。女子は吉田、伊調しか勝てない時代が続いたが、若い選手が一気に出てきた」と若手の躍進を喜んだ。「今回一番良かったのは高橋、次に文田」と特に男子をねぎらった。

 3スタイルで金6個を獲得し、合計メダル数は9個。3年後に向けて「ずばり金メダル6個。合計10個に近いメダルを獲りたい」と目標を掲げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年8月28日のニュース