PR:

渡部桂太、総合Vを逃す 最終戦で準決勝に進めず

 2020年東京五輪で実施されるスポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は18日、ミュンヘンでボルダリング最終戦の予選が行われ、男子総合2位タイで迎えた渡部桂太(三重県連盟)は五つの課題(コース)のうち1完登にとどまって準決勝に進出できず、自身初の総合優勝を逃した。

 他の日本男子は5完登の藤井快(東京都連盟)と緒方良行(福岡県連盟)、昨季W杯総合覇者で四つをクリアした楢崎智亜(栃木県連盟)ら5人が準決勝に進んだ。

 女子は野中生萌(東京都連盟)が5完登、野口啓代(茨城県連盟)は4完登で予選を突破した。

 19日は男女の準決勝と決勝が行われる。(共同)

[ 2017年8月19日 08:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月19日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画