杉田、ディミトロフに敗れ4強ならず「このレベルに定着したい」

[ 2017年8月19日 08:06 ]

男子シングルス準々決勝でグリゴル・ディミトロフに敗れた杉田祐一=シンシナティ(AP)
Photo By AP

 テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープンは18日、米シンシナティで行われ、男子シングルス準々決勝で世界ランキング46位の杉田祐一(三菱電機)が世界11位で第7シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)に2―6、1―6で敗れ、ベスト4進出はならなかった。

 4日連続の試合となった杉田は動きが悪かった。大会はツアーで格が高いマスターズの一つで、28日にニューヨークで開幕する全米オープンの前哨戦。

 ▼杉田祐一の話 相手のスライスに対してきれいに当てることにこだわりすぎた。(初のマスターズ8強入りに)ここまで駒を進められたことは大きい。このレベルに定着したい。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年8月19日のニュース