桐生、自己ベスト意欲「新しい人が出てくればタイムも上がる」

[ 2017年8月16日 05:30 ]

ロンドンから帰国し、会見する桐生
Photo By スポニチ

 陸上の世界選手権男子400メートルリレーの日本代表メンバーで3走の桐生は「6人で獲れたのは去年のリオ五輪とは違うメダル。(リオの銀から)1つ下がったが全然うれしい」と胸を張った。

 一方で、個人種目への出場がなかったことには悔しさも残った。ロンドンではサニブラウンらが活躍する短距離種目を見ていても悔しい思いが強かったといい「また新しい人が出てきたり、タイムも上がると思う。自分も自己ベストを出したい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年8月16日のニュース