ラグビーU20に真野ら28人 高校生・福井が“飛び級”選出

[ 2017年7月28日 05:30 ]

 日本ラグビー協会は、ワールドラグビーU20トロフィー(8月29日開幕、ウルグアイ)に出場するU20日本代表メンバーを発表し、主将を務めるSO真野泰地(東海大)ら28人が選ばれた。

 またWTB福井翔大(東福岡高)は、唯一の高校生として飛び級で選出。東京都内で会見に臨んだ遠藤哲ヘッドコーチは、同大会がU20チャンピオンシップの下部大会であることを踏まえて「(昨年の降格から)1年で昇格するのが大きな使命」と、1年での復帰を約束。福井については「ユーティリティーとして、期待している。身体能力を生かしてほしい」と話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年7月28日のニュース