混合メドレー日本は10位敗退 “専門外”響いて完敗

[ 2017年7月27日 05:30 ]

水泳・世界選手権第13日 混合メドレーリレー予選 ( 2017年7月26日    ハンガリー・ブダペスト )

混合400メートルメドレーリレー予選を終え、引き揚げる(左から)古賀、清水、今井、天井
Photo By 共同

 東京五輪の新種目に決まって初めてのレースだったが、日本は全体10位で敗退した。

 メンバーは背泳ぎ古賀、平泳ぎ今井、バタフライ清水、自由形の天井。日程の都合などもあり、それぞれの100メートル種目に出ていない“専門外”の選手での編成を強いられ、選手層の薄さを示す結果になった。今井は「楽しんでレースできた」と話した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年7月27日のニュース