ボルト 世界陸上は2種目出場へ「勝者のまま現役退きたい」

[ 2017年7月20日 05:30 ]

記者会見する陸上男子短距離のウサイン・ボルト
Photo By 共同

 今季限りで引退する陸上男子短距離のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が19日、モナコで記者会見し、現役最後の大会としている世界選手権(8月4日開幕、ロンドン)は100メートルと400メートルリレーの2種目に出場し、4連覇中の200メートルは回避する考えを明かした。「目標はただ勝つこと。勝者のまま現役を退きたい」。ボルトは21日にモナコで開催されるダイヤモンドリーグのモナコ国際で100メートルに出場後、ロンドンでの大舞台に臨む。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年7月20日のニュース