白鵬 重圧1敗、最多勝利お預け いら立ちも「土俵ボコボコ」

[ 2017年7月20日 05:30 ]

大相撲名古屋場所11日目 ( 2017年7月19日    愛知県体育館 )

連勝が止まり厳しい表情で引き揚げる白鵬
Photo By スポニチ

 白鵬が重圧にのみ込まれた。元大関・魁皇の持つ史上最多1047勝に王手をかけていたが、新関脇・御嶽海に寄り切られた。「(いつもと違いが)あったんだろうね。硬さがあったのかな。(最多勝に並ぶのは)大変なことですから」と初黒星に肩を落とした。

 さらに「足が運ばなかった感じがする。土俵がボコボコで足がかかった気がする」と珍しくいら立ちも見せた。1敗の碧山も敗れたため、白鵬の単独トップは変わらない。記録は持ち越しとなったが「また、一番一番ですね」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年7月20日のニュース