池田勇太 2位に後退「たった2つのバーディーだけというラウンドだった」

[ 2017年7月8日 17:42 ]

<長嶋茂雄 Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント3日目>ホールアウトした池田を迎える長嶋茂雄大会名誉会長(左)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの長嶋茂雄招待セガサミー・カップは8日、北海道千歳市のザ・ノースカントリーゴルフクラブで第3ラウンドが行われ、単独首位スタートの池田勇太(31=フリー)は2バーディー、ボギーなしの70で回り2位に後退した。

 池田は3番パー5で2オン2パットで初バーディーを奪った。だが、その後はなかなか伸ばせなかった。16番パー3でようやく2つめのバーディーが来たが、上位が軒並み60台をマークした中で消化不良の1日になった。

 池田は「2アンダーというよりは、たった2つのバーディーだけというラウンドだった。調子は悪くなかった。ただセカンドの距離も中途半端だったし、グリーンに乗ってもしっかり打てないラインが残ったり。そういうのが続いた感じ」と苦笑いして振り返った。

 首位と1打差で最終日を迎える。この大会の名誉会長は巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏。15年に亡くなった祖父・直芳さん(享年85)が巨人ファン、長嶋ファンだっただけに「優勝して(表彰式で)長嶋さんと写真を撮ることができれば、じいさんに良い報告ができる」と逆転での大会初優勝を狙っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年7月8日のニュース