ジャマイカの男女100メートルではブレークとトンプソンが優勝 どちらも好タイム

[ 2017年6月24日 16:54 ]

 陸上のジャマイカ選手権は23日に男女の100メートル決勝などを行い、男子では2011年の世界選手権(韓国・大邱)で100メートルと200メートルの短距離2冠に輝いているヨハン・ブレーク(27歳)が今季世界2位の9秒90で優勝。ジュリアン・フォルテ(24歳)が10秒04で2位に入った。フォルテは準決勝で9秒99をマークしており、男子の9秒台達成者は史上124人目。セノイジェイ・ギバンス(23歳)が10秒05で3位に入った。

 女子ではリオデジャネイロ五輪で短距離2冠を達成したエレイン・トンプソン(24歳)が、今季世界最高の10秒71をマーク。2位シモーネ・フェイシー(32歳)に0秒33の大差をつけて1位となった。

 なお男子の第一人者、ウサイン・ボルト(30歳)は出場しなかった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース