【高野進の目】男子100メートル、5人が勝負徹すれば大台出る

[ 2017年6月24日 14:30 ]

陸上日本選手権第1日 ( 2017年6月23日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

決勝進出を果たしたサニブラウン(左)、多田修平(中)と山県亮太(奥左)
Photo By スポニチ

 サニブラウンは以前よりも苦手のスタートが良くなった印象だ。数年前までは出遅れて最後まで乗れないレースもあったが、それが改善されてうまく体を乗せることができている。後半の伸びは抜群だけにスタートがうまくなったことで、本来持っていた天性の力を発揮し始めている。

 まだ18歳の伸び盛りで今は何をやってもうまくいく成長期。表情も自信に満ちあふれており不安がない状態。本人も言っていたが決勝は楽しんで走ればおのずと結果はついてくるはずだ。

 10秒0台の選手5人が同じスタートラインに立つ決勝はかつてないハイレベルの争いになる。誰が勝つかは関係者も含めて誰にも分からないが、ただ一つ言えるのは前半型と後半型という2つの特徴を持った選手同士の勝負となるということ。サニブラウンとケンブリッジは後半のスピードがずば抜けており、桐生、山県、多田の3人は前半でどれだけその2人を離せるか。5人が勝負に徹すれば9秒台の可能性も十分にある。(男子400メートル日本記録保持者、92年バルセロナ五輪8位、東海大体育学部教授)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース