SH流大 ミス悔やむ…パス出す前にボール落とし「僕自身の問題」

[ 2017年6月24日 20:36 ]

ラグビー・リポビタンDチャレンジカップ2017第3戦   日本代表13―38アイルランド代表 ( 2017年6月24日    東京・味の素スタジアム )

 先発したSH流大(ながれ・ゆたか、24=サントリー)が自身のミスを悔やんだ。8―28で迎えた後半2分、相手ゴール前のラックからパスを出してフランカー松橋周平(23=リコー)が左中間へ反撃のトライを決めたと思われたが、テレビジョンマッチオフィシャル(TMO、ビデオ判定)の結果、パスを出す前にボールを落としていたことが判明。ノックオンでノートライと判定され、「ボールが手につかなかった。相手からのプレッシャーはあったけど、これくらいは想定していた。僕自身の問題」と唇をかみしめた。

 ベテラン田中史朗(32=パナソニック)に代わり先発を任されたが、序盤の劣勢を引きずったまま後半13分に田中と交代。W杯で同組のアイルランドに連敗したチームは第1戦(17日)と比べて「セービング、タックル、キックチェイスの姿勢は改善できた」というが、「結果的には完敗なので悔しい」と話し、個人的にも「うまくキックは落とせたと思うけど、その後の試合の運び方、パスの精度、1つ1つ取ってもまだまだ」と課題を口にした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース