ケンブリッジ 復活の自己新、連覇へ自信「決勝は勝ちにいく」

[ 2017年6月24日 05:30 ]

陸上日本選手権第1日 男子100メートル ( 2017年6月23日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

力走で予選突破したケンブリッジ飛鳥
Photo By スポニチ

 ケンブリッジが大一番でよみがえった。まずは予選。サニブラウンが10秒06を叩き出した直後に、10秒08(向かい風0・9メートル)の自己記録を更新。従来のタイムを0秒02縮め日本歴代8位タイ。準決勝は桐生を終盤で捉え、10秒10の1組1位で決勝進出。「日本選手権に向けて気持ちも体も仕上がった」という。米国での今季初戦で追い風5・1メートルで9秒98を出し「走りが崩れた」と低迷したが、今大会に合わせ上半身と下半身の連動を意識してフォームを修正。「決勝は勝ちにいきたい」と連覇へ自信を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース