大迫 男子1万連覇、世陸へ「タイム出して次につなげたい」

[ 2017年6月24日 05:30 ]

陸上日本選手権第1日 ( 2017年6月23日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

男子10000m決勝で優勝し、両手を広げ喜ぶ大迫傑
Photo By スポニチ

 男子1万メートルは大迫が2連覇した。残り250メートル付近で先頭に立つと最後は上野(DeNA)を突き放し「勝つことが目標だったので充実感がある」と汗を拭った。

 4月のボストン・マラソンで3位と健闘。「うまく(力を)ためる走り」はトラックにも生かせた。世界選手権の代表入りには今後、参加標準記録を突破する必要があり「タイムを出して次につなげたい。(世界選手権で)10番以内、8番以内を目標に」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース