新星多田 勢い止まらん「誕生日に世界選手権で走れる権利を」

[ 2017年6月24日 05:30 ]

陸上日本選手権第1日 男子100メートル ( 2017年6月23日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

決勝進出を果たした多田修平
Photo By スポニチ

 新星・多田の勢いが止まらない。準決勝2組で登場。サニブラウンの追い上げに屈したとはいえ、この組2位、全体でも2位タイとなる10秒10をマークし、追い風参考ながら9秒94を出した力がフロックではないことを証明した。24日は21歳の誕生日。「自分へのプレゼントとして世界選手権で走れる権利を獲得できたらいい。最低で3位以内に入って、最高で優勝できるような走りをしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース