桐生 突破も不満、全体4番目に「決勝は切り替えていきたい」

[ 2017年6月24日 05:30 ]

陸上日本選手権第1日 男子100メートル ( 2017年6月23日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

力走で予選突破した桐生祥秀
Photo By スポニチ

 準決勝とはいえ、負けは負けだ。結果を割り切りつつも、少し割り切れない思いが桐生の口から飛び出た。「1番でないのは残念です。決勝は切り替えていきたい」。

 号砲反応タイム0秒128は1組の2番目の好スタート。それを生かして飛び出た。しかし、後半に絶対の自信を持つケンブリッジが迫り来る。終盤でかわされ、0秒04届かず2位。全体4番目のタイムとなる10秒14で決勝へ進んだ。

 サニブラウンの急浮上で、世界選手権の参加標準記録を5人が突破。代表3枠を巡って激しい争いになる。「3着を取るために僕も必死だし、みんな必死。それで高め合っているのだと思う」

 タイムは悪くない。予選の10秒15(追い風0.2メートル)を入れ、今月走った5本は全て10秒1台という安定感だ。準決勝は「スタートでふらついてしまった。そこを踏まえても10秒14だったらいい」という割引材料もある。10秒01、日本歴代2位の看板はだてではない。3年ぶり日本一へ。隠しているギアを入れる。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース