藍 世界1位経験者とラウンド「良いプレーができたらいい」

[ 2017年6月24日 05:30 ]

米女子ツアー アーカンソー選手権第1日 ( 2017年6月23日    米アーカンソー州ロジャーズ ピナクルCC )

練習場で最終調整する宮里
Photo By 共同

 米女子ゴルフのアーカンソー選手権は23日(日本時間同日夜)、米アーカンソー州ロジャーズのピナクルCCで開幕。今季限りでの引退表明後、米ツアー初参戦の宮里藍(32=サントリー)は朴仁妃(28=韓国)、リディア・コ(20=ニュージーランド)と第1ラウンドを回る。

 3人とも元世界ランキング1位でこの大会の歴代優勝者。宮里は「(3人とも)違った特徴でNo・1になった。2人とも波がなく私以上に気持ちが平たん。引き寄せられるようなプレーをする。それにあやかって良いプレーができたらいい」と歓迎し「毎試合が私にとっては最後。悔いのないようにベストを尽くしたい」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース