欠場中のシャラポワ 7月中旬、米国開催の団体戦から復帰

[ 2017年6月24日 05:30 ]

マリア・シャラポワ
Photo By ゲッティ=共同

 女子テニスの元世界ランキング1位で、ドーピング違反による資格停止処分から4月に復帰後、太腿を痛めて欠場が続いているマリア・シャラポワ(ロシア)が、7月中旬に米国で行われるプロの団体戦「ワールド・チーム・テニス(WTT)」で復帰することになった。

 当初は、7月下旬に開幕するバンクオブザウエスト・クラシックでの復帰を目指していたが、時期を早めてWTTで16日と24日の試合に出場する。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月24日のニュース