ウッズが施設入所 処方薬正常使用のため 所在地や期間は不明

[ 2017年6月22日 05:30 ]

タイガー・ウッズ
Photo By 共同

 男子ゴルフの元世界ランキング1位で、5月末にアルコールか薬物の影響下で車を運転した容疑で逮捕されたタイガー・ウッズ(米国)が、痛みと睡眠障がいの処方薬を正しく服用することを目的に施設に入所したことが20日、代理人の話で分かった。所在地や期間は不明。

 代理人は「多大な痛みが長く続き、処方薬が絶対に必要。中毒というのは当たらないと思う」と述べた。腰痛などに苦しむウッズは繰り返し手術を受け、戦列を離れる期間が長くなっている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月22日のニュース