ホッケー男女代表監督が会見 五輪へ好成績誓う ともに外国人

[ 2017年6月22日 05:30 ]

記念撮影に応じるアンソニー・ファリー女子監督(左)とシークフリート・アイクマン男子監督
Photo By スポニチ

 ホッケーの日本代表監督に就任した元日本代表監督で男子のシギ・アイクマン氏(58=オランダ)と、リオ五輪でカナダ男子代表監督を務めた女子のアンソニー・ファリー氏(43=オーストラリア)が都内で就任会見を行った。

 11年以来の再登板となるアイクマン監督は「2020年に世界ランク10位以内が目標」、ファリー監督は「東京五輪以降も続くチームをつくりあげたい」と意気込みを語った。日本協会の寺本祐治専務理事は「女子はメダル、男子は6位以内を目指す」と五輪での目標を掲げた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年6月22日のニュース