青学大・原監督、協力を約束「強化が連動する仕組みを」

[ 2017年6月8日 05:30 ]

日本陸連 東京五輪強化キックオフミーティング ( 2017年6月7日 )

日本マラソンの強化について話し合う瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(左)と原晋・青学大監督
Photo By スポニチ

 箱根駅伝3連覇の青学大・原晋監督が司会を務め「我々世代は瀬古さんを見て陸上を始めた。支えなければならない」と協力を約束した。学校や実業団が連携を取り合っていない現状に対し「強化が連動する仕組みをつくらないと」と主張。その一方で、青学大の選手の五輪選考レースへの参加優遇措置を求める意見を出すと瀬古リーダーから「原さんがそう思ってるんでしょ。学生を守りたいから。甘い」と厳しい言葉を掛けられていた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月8日のニュース