アジア陸上代表に男子は川元ら27選手 女子は木村ら32選手

[ 2017年6月6日 15:39 ]

 日本陸連は6日、インドのブバネシュワルで7月上旬に行われるアジア選手権の日本代表として、男子は800メートルでリオデジャネイロ五輪に出場した川元奨(スズキ浜松AC)、棒高跳びで18歳の江島雅紀(日大)ら27選手、女子は100メートル障害の木村文子(エディオン)ら32選手が名を連ねた。

 アジア選手権の優勝者は、8月の世界選手権(ロンドン)参加標準記録突破と同等の資格を得る。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年6月6日のニュース