藍に東京五輪ヘッドコーチ要請へ 倉本委員長「やってほしい」

[ 2017年5月31日 05:30 ]

宮里藍
Photo By スポニチ

 日本ゴルフ協会(JGA)の五輪競技対策本部の倉本昌弘強化委員長(61=日本プロゴルフ協会会長)は30日、今季限りで現役を引退する宮里藍(31=サントリー)に東京五輪代表の女子ヘッドコーチ就任を要請する意向を示した。

 倉本委員長は「宮里さんが現役を辞めたらコーチをやってほしいとリオ五輪の時から考えていた。世界での経験があり統率力もあり知識もある。東京五輪は男子は丸山くん(茂樹=現ヘッドコーチ)、女子は宮里さんで臨みたい」と話した。

 29日にJGAの五輪対策本部統括コーディネーター山中博史氏(53=JGA専務理事)と協議し、6月7日のJGA理事会で議題にすることを決めた。「まだ試合に出るから(要請は)シーズンが終わってから。理事会で話し合い、それから動きだす」と説明した。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年5月31日のニュース