稀勢の里 関取衆との稽古解禁 「北斗の拳」化粧まわしも披露

[ 2017年5月6日 15:05 ]

<稀勢の里 横綱昇進披露宴>北斗の拳の(左から)ケンシロウ、ラオウ、トキが描かれた化粧まわしとともに写真におさまる稀勢の里
Photo By スポニチ

 大相撲春場所を制して横綱に昇進した稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)の横綱昇進披露宴が6日、東京都品川区のグランドプリンスホテル新高輪・飛天の間で行われた。春場所も制し、2場所連続優勝してこの日を迎えた稀勢の里は「一番いい形でパーティーを迎えられて本当に良かった。本当にここまで応援してくれた方々のおかげ。そういう人に感謝の気持ち伝えたい」と柔和な笑みを浮かべた。

 春場所で左上腕部などを痛めて、ここまで非公開で若い衆らと調整してきたが、この日は初の出稽古で初めて関取衆と実戦的稽古を行ったという。稽古をより実戦モードに切り替え「いい状態。(夏場所は)きょうの稽古の状況の内容なら問題ない」と話し、週明けの二所ノ関一門の連合稽古参加にも意欲を見せた。

 また、本場所初日で着ける漫画「北斗の拳」のラオウの化粧まわしも披露され、記念撮影を行った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2017年5月6日のニュース