夏場所へ不安…白鵬 新たに右肩も負傷「痛いっす。関節とか筋だと思う」

[ 2017年5月2日 14:17 ]

頭にシャンプーが付いたまま部屋の前で談笑する白鵬
Photo By スポニチ

 横綱・白鵬が2日、新たに右肩を負傷していることを明かした。この日は夏場所(14日初日、両国国技館)に向けて東京都墨田区の宮城野部屋で、立ち合いの確認などを中心に稽古を行い汗を流した。すると、右肩を指さして「痛いっす。関節とか筋だと思う」と患部を気にした。

 先場所は古傷の右足親指のねんざと、右太ももの筋肉損傷で途中休場したが、重なる故障に不安が広がる。3日には両国国技館で横綱審議委員会(横審)による稽古総見が行われるが、「気合入っていたけどね。(きょうの)夜も治療に励んで、(3日朝)起きてみないと(相撲を取れるか)分からない」。ケガと戦いながら昨年の夏場所以来となる通算38度目の優勝へ動き出す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年5月2日のニュース