高安“高々”宣言「全勝V」で大関 稀勢に「感化され欲出た」

[ 2017年5月2日 05:30 ]

大相撲夏場所

新関脇の高安は会見で笑顔を見せる
Photo By スポニチ

 関脇・高安は全勝優勝して大関昇進を決める覚悟だ。初場所と春場所を合わせて23勝しており、10勝が大関昇進のノルマ。田子ノ浦部屋で会見に臨み「だいぶ気合も入っています。初日から、堂々とやって全勝優勝を目指して頑張ります」と決意を口にした。

 昨年の九州場所は7勝8敗で大関獲りに失敗。「(九州場所が)終わってから15日間の相撲を(ビデオを見るなど)客観的に見て、慌てることが多かった」という。反省を踏まえて、その後は2場所連続の2桁勝利。さらに、2場所連続優勝している横綱・稀勢の里の存在も大きく「感化されて欲も出てきた。次こそ自分が目立っていきたい。次は自分が優勝してオープンカーに乗りたい」と兄弟子に続く歓喜を目指す。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年5月2日のニュース