【高野進の目】桐生 残り20メートルでストライド伸びた

[ 2017年4月30日 08:30 ]

陸上織田記念国際 ( 2017年4月29日    エディオンスタジアム広島 )

男子100メートル決勝 レースを終えた桐生祥秀(右)
Photo By 共同

 向かい風での10秒04という記録が示すのは、風がなければ確実に9秒台を狙えるレベルにあるということ。昨季までの桐生であれば追い風1・5メートル以上の有利な風が吹けば大台を突破できる能力があったが、今や風の力に頼らなくても自力で出せる領域に入っている。

 この日の決勝は残り20メートルが特に良かった。向かい風が吹いていたので最後に上体が浮き上がってもおかしくない状況だったが、そうではなかった。逆にストライドは伸びていた。本人は結果よりも内容に手応えをつかんだはず。10秒00の日本記録を超える走りはほぼ完成に近づいており、うまく流れに乗れば9秒後半を出す力は十分にある。

 ただし、いつも言っていることだが、大台を突破して絶対に満足してはいけない。それは本人も熟知していると思う。世界の舞台でファイナリストになるためには、もっとトップスピードを上げる必要があるし、今後もストイックに陸上に向き合い続けて自らを高めることが何よりも重要だ。(男子400メートル日本記録保持者、92年バルセロナ五輪8位、東海大体育学部教授)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月30日のニュース