アデトクンボ、NBA史上初の快挙 個人記録5部門すべて20位以内

[ 2017年4月13日 14:51 ]

個人記録5部門ですべて上位20位以内に入ったバックスのアデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAバックスのフォワードでギリシャ出身のヤニス・アデトクンボ(22歳)が、個人記録5部門ですべて上位20位以内に入るというNBA史上初の“快挙”を達成した。最終戦となった12日のセルティクス戦には欠場したが、4季目となった今シーズンの各部門の合計は得点が1832(14位)、リバウンドが700(15位)、アシストが434(18位)、ブロックショットが151(5位)、スティールが131(9位)とすべてトップ20入り。リーグでは誰も成し遂げていなかった記録を樹立した。

 アデトクンボは2013年のドラフト全体15番目にバックスに指名されてNBA入り。2メートル11、101キロというサイズながらガートからセンターまでのすべてのポジションをこなせる能力を持っており、今季は22・9得点、8・8リバウンド、5・4アシストをマーク。史上最多となるシーズン42回のトリプルダブルを達成したサンダーのラッセル・ウエストブルック(28歳)とは違った形で万能ぶりを示した。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年4月13日のニュース