暁斗が銀 飛躍3位から個人初表彰台 荻原健司以来18年ぶりメダル

[ 2017年3月2日 05:30 ]

ノルディックスキー世界選手権第7日 ( 2017年3月1日    フィンランド・ラハティ )

2季ぶりに優勝し、表彰式で笑顔を見せる渡部(中央)
Photo By 共同

 複合個人ラージヒルで渡部暁斗(28=北野建設)が2位となり、個人では自身初のメダルを獲得した。前半飛躍(ヒルサイズ=HS130メートル)で3位につけ、トップと54秒差で出た後半距離(10キロ)で優勝争いに絡んだ。世界選手権で複合の日本勢が個人メダルを獲得するのは、1999年大会で銅メダルを手にした荻原健司以来9大会、18年ぶりとなった。

 日本のエースは好機を逃さなかった。前半飛躍を3位の好位置で折り返した渡部暁は、首位と54秒差で出た後半距離で白熱したメダル争いを繰り広げ、銀メダル獲得。6度目の世界選手権で初めて個人種目の表彰台に立ち「(メダルを)獲れて良かった」と穏やかな笑みを浮かべた。

 飛躍は飛び出しでミスがあったが、ヒルサイズまで5メートルに迫るジャンプを繰り出した。2・5キロを4周するコースの後半距離は激戦となり、3周目を終えた時点で先頭集団は5人。ラスト1キロ付近で3人に絞られ、スプリント勝負となった。最後はルゼックに屈し、控えめにガッツポーズしながら2位でゴール。重い湿雪のコース状態、先頭集団の顔ぶれに距離の強者が少なかったこともあり「獲ってやったぞ、という感じではない。ラッキーだった」と謙虚に喜んだ。

 世界選手権での日本勢の個人メダルは93、97年に金、99年に銅メダルの荻原健司以来、18年ぶり2人目。「金メダルを獲るにはもうちょっと実力が必要」。ソチ冬季五輪では個人ノーマルヒルで銀。1年後の平昌で表彰台の中央を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年3月2日のニュース