近鉄、コカ・コーラが残留 トップリーグ入れ替え戦

[ 2017年1月28日 17:07 ]

 ラグビーのトップリーグ(TL)入れ替え戦は28日、東大阪市の花園ラグビー場などで3試合が行われ、近鉄(TL13位)は九州電力を47―0と寄せ付けず、残留を決めた。

 コカ・コーラ(TL14位)は日野自動車を32―22で退け、粘る三菱重工相模原を33―21で振り切った豊田自動織機(TL15位)とともに降格を免れた。

 パワーで上回る近鉄はFW戦で優位に立ち、セットプレーでも強さを発揮。FBテイラーの活躍などで前後半合わせて七つのトライを決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月28日のニュース