遼も自滅117位「パットが悪すぎた。話にならない」

[ 2017年1月28日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ファーマーズ・インシュアランス・オープン第1日 ( 2017年1月26日    米カリフォルニア州ラホヤ トーリーパインズGC北コース=7258ヤード)同南コース=7698ヤード、いずれもパー72 )

第1ラウンド、2番でラインを読む石川遼。2オーバーで117位
Photo By 共同

 短いパットを外すミスが続いた石川は「パットが悪すぎた。話にならない」という苦しいラウンドだった。

 発端は2番。1・5メートルのバーディーパットを外すと、返しの70センチも入らず3パットのボギー。「フックと読んだらスライス、スライスと読んだらフック。頭がごちゃごちゃになった」と振り返った。

 最終18番も1・5メートルのパーパットが決まらず「1回外すと気になってしまった。パットだけで5打くらい損した感じ」と肩を落とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月28日のニュース