上地4連覇逃すもサバサバ 20歳パートナーの「いい経験に」

[ 2017年1月28日 05:30 ]

全豪オープンテニス第12日 ( 2017年1月27日    オーストラリア・メルボルン )

 車いす女子ダブルス決勝で、上地結衣(22=エイベックス)が大会4連覇を逃した。ディーデ・デフロート(20=オランダ)と組み、イエスカ・グリフィユン(31)アニク・ファンクート(26=ともにオランダ)に3―6、2―6のストレート負けを喫した。

 「今日は彼女にいい経験にしてほしい気持ちが大きかった。プレーしていてもまだ難しいと感じた」と上地。組んで2度目だったデフロートは4大大会初出場。第2セットではデフロートが集中的に狙われる場面もあり、リオ・パラリンピック金メダルの2人に急造ペアで勝てるほど甘くはなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月28日のニュース