ロケッツ競り勝つ ハーデン今季14回目のトリプルダブル、史上初快挙も

[ 2017年1月28日 15:34 ]

今季14回目のトリプルダブルを達成したロケッツのハーデン(AP)
Photo By AP

 NBAは27日に各地で10試合を行い、ロケッツのジェームズ・ハーデン(27歳)が敵地フィラデルフィアで行われた76ers戦で51得点、13リバウンド、13アシストをマーク。今季14回目のトリプルダブルを達成して123―118(前半61―61)での勝利に貢献した。

 ハーデンは12月31日のニックス戦でも53得点、16リバウンド、17アシストを記録。50得点以上でシーズン2度のトリプルダブルを達成したのはNBA史上初めての快挙となった。

 ロケッツはこのカードで7連勝を飾って35勝15敗。76ersはジョエル・エンビード(22歳)が32得点を稼いだものの惜敗。3連勝を逃して17勝28敗となった。

 キャバリアーズは地元クリーブランドでネッツに124―116(前半55―47)で勝って31勝14敗。レブロン・ジェームズ(32歳)が31得点を稼いでチームを引っ張り連敗を4でくい止めた。

 ネッツは9勝37敗。ショーン・キルパトリック(27歳)を含めて6人が2ケタ得点をマークしたがチームは4連敗を喫した。

 ヒートは敵地シカゴでブルズを100―88(前半53―53)で退けて6連勝で17勝30敗。リバウンド部門で1位のハッサン・ホワイトサイド(27歳)は足首を痛めて欠場したが、ゴラン・ドラギッチ(30歳)が26得点、11アシストを稼いでチームを引っ張った。

 ブルズは23勝25敗。チームメートを批判したドウェイン・ウェイド(35歳)とジミー・バトラー(27歳)は罰金処分を科せられた上でベンチからの出場となり、内紛状態での試合となった。ウェイドは28分の出場で15得点をマークしたが、バトラーは33分の出場で3得点のみ。チームの勝利には貢献できなかった。なおインスタグラムでウェイドとバトラーを批判したライジョン・ロンド(30歳)にも罰金が科せられた。

 <その他の結果>

ラプターズ(29勝18敗)102―86バックス(21勝25敗)、ペイサーズ(24勝22敗)115―111キングス(18勝28敗)、セルティクス(28勝18敗)、ニックス(21勝27敗)110―107ホーネッツ(23勝24敗)、ペリカンズ(19勝28敗)119―103スパーズ(36勝10敗)、ウィザーズ(27勝20敗)112―86ホークス(26勝20敗)、トレイルブレイザーズ(21勝27敗)112―109グリズリーズ(27勝21敗)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月28日のニュース