高安「いい経験」堂々と太刀持ち「背中見て一生懸命頑張る」

[ 2017年1月28日 05:30 ]

新横綱・稀勢の里 奉納土俵入り ( 2017年1月27日    東京都渋谷区・明治神宮 )

<稀勢の里 明治神宮奉納土俵入り>後ろは高安、前は松鳳山
Photo By スポニチ

 稀勢の里の弟弟子の高安も堂々と太刀持ちを務めた。「凄く身の引き締まる思いだった。いい経験をさせてもらった」と感動した様子だった。

 昨年九州場所は大関獲りに失敗したが、小結だった初場所は11勝を挙げて再び大関獲りへスタートを切った。兄弟子の横綱昇進を間近で見て「これを力に変えて相撲道により一層精進しなければいけない。横綱の背中を見て一生懸命頑張る」と誓いを新たにしていた。

 ▼幕内・松鳳山 (土俵入りで露払いを務めて)凄く光栄だった。いい経験をさせていただいた。人が多くて自分の方がビビっちゃった。(二所ノ関一門の連合稽古などで)今後も横綱の胸をしっかりと借りて頑張る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月28日のニュース