プロ転向の内村「体操をメジャーに」 団体総合メンバーで最優秀選手賞

[ 2017年1月19日 05:30 ]

祝う会であいさつする国際体操連盟の渡辺守成会長=18日、東京都内のホテル
Photo By 共同

 国際体操連盟の新会長に就任した渡辺守成氏や体操ニッポンの礎を築いて文化功労者に選ばれた小野喬氏らを祝う会が都内で開かれ、アジア人初の会長となった渡辺氏は「いつまでも体操選手が輝ける世界をつくっていきたい」と抱負を述べた。

 プロ転向した内村航平は「守成さんと一緒に体操をメジャーにしていきたい」と語った。東京運動記者クラブ体操分科会の表彰も行われ、最優秀選手賞は内村、白井健三(日体大)加藤凌平、田中佑典、山室光史(以上コナミスポーツ)のリオ五輪男子団体総合メンバーが受賞した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月19日のニュース