1敗の稀勢の里が単独トップ守る 2敗の白鵬も1差キープ 琴奨菊は大関陥落

[ 2017年1月19日 17:58 ]

勢を攻めたてる稀勢の里(左)
Photo By スポニチ

 大相撲初場所12日目は19日、東京・両国国技館で行われ、単独トップで初優勝を狙う大関・稀勢の里は勢を寄り切りで下して11勝目。1敗を守った。2敗で追う横綱・白鵬は結びの一番で栃煌山を破り、稀勢の里との1差をキープした。カド番の大関・琴奨菊が玉鷲に押し出しで敗れ4勝8敗と負け越し。陥落が決まった。

 ここまで2敗の平幕勢では貴ノ岩と逸ノ城がそれぞれ錦木と北勝富士を破り2敗を死守。蒼国来は千代翔馬に上手出し投げで敗れて3敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月19日のニュース