カド番大関・琴奨菊、負け越しで陥落決定 1年前に初優勝も…厳しい現実

[ 2017年1月19日 17:50 ]

玉鷲に押し出しで敗れた琴奨菊
Photo By スポニチ

 大相撲初場所12日目は19日、東京・両国国技館で行われ、カド番の大関・琴奨菊が玉鷲に押し出しで敗れ4勝8敗と負け越し。陥落が決まった。単独トップで初優勝を狙う大関・稀勢の里は勢を寄り切りで下して11勝目。1敗を守った。2敗で追う横綱・白鵬は結びの一番で栃煌山を破り、稀勢の里との1差をキープした。

 琴奨菊は10日目の豪栄道戦で7敗目を喫し、絶体絶命の状況に追い込まれた。7度目のカド番は残り5日間で残り1敗もできない大ピンチとなり、11日目は鶴竜休場で不戦勝となったが、12日目に白星をつかむことはできなかった。

 16年の初場所では初優勝で日本中を熱くしたが、1年後には厳しい現実が待っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月19日のニュース