帝京大 新主将はフッカー堀越 全国大学選手権V9達成に意欲

[ 2017年1月19日 05:30 ]

帝京大ラグビー部の来年度主将に決まった3年生のフッカー堀越康介
Photo By スポニチ

 ラグビーの全国大学選手権で8連覇を達成した帝京大は、来年度の主将にフッカー堀越康介(3年)を選出したと発表した。副主将はFB尾崎晟也(3年)が務める。

 八王子キャンパスで報告会に出席した堀越は「この1年間、リーダーの意識で過ごしてきたので、正副どちらかやると思っていた。V9を達成したい」と意気込んだ。チームはすでに、21日の日本選手権準決勝のサントリー戦(花園)に向けて練習を再開。来年度の日本選手権は大学枠が撤廃されるとあり、トップリーグ勢への最後の挑戦となる。堀越は「勝ちに行く」と力を込めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2017年1月19日のニュース