宇良 自己タイの初日から5連勝、緊張感持続「常に危ないという気持ち」

[ 2017年1月12日 16:32 ]

大相撲初場所5日目 ( 2017年1月12日    両国国技館 )

<大相撲初場所5日目>旭秀鵬を寄り切りで破る宇良(左)
Photo By スポニチ

 十両の宇良が旭秀鵬を寄り切り、自己タイの初日から5連勝を飾った。立ち合いは相手の右かち上げを警戒したのか、低い姿勢でいきながらも左肘を前に出す攻守とも考慮して踏み込む。旭秀鵬は体格をいかして押していったが、この日も宇良は土俵際は強かった。

 難なく残して懐にはいると、あとは横から食らいつい電車道。「常に危ないという気持ちでやっている」と緊張感をもって土俵にあがっている宇良。5連勝にも「千秋楽のあとの結果ですから」と引き締めた。

 新十両の照強は旭日松を引き落として2勝目を挙げた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年1月12日のニュース