快走の神大・鈴木健 父も恩師も口そろえ「物おじしない子だった」

[ 2017年1月3日 05:30 ]

第93回箱根駅伝 ( 2017年1月2日    東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間107・5キロ )

 神奈川大・鈴木健の応援に駆けつけた父・和幸さん(46)と母校の宇和島東陸上部の和家哲也監督(45)は「昔から物おじしない子だった」と口をそろえた。

 「普通、周りに実力者がそろうとびびったりするものだが、そういうところがなく、むしろレースを楽しんでいた」と和家監督は、各校のエースがそろった2区においても持ち味を発揮した教え子に目を細めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年1月3日のニュース