【箱根駅伝】青学大、往路V3!序盤から好位置 3区・秋山が突き抜け快勝

[ 2017年1月2日 13:33 ]

第93回箱根駅伝往路

<箱根駅伝往路>2区・一色恭志からたすきを受け取り駆け出す青学大・秋山雄飛(右)
Photo By スポニチ

 第93回箱根駅伝往路は2日、東京・大手町から神奈川・箱根町までの5区間、107・5キロに20校とオープン参加の関東学生連合の計21チームが参加して行われ、青学大が5時間33分45秒で3年連続の往路優勝を成し遂げた。

 青学大は1区の梶谷瑠哉(2年)が先頭の東洋大から4秒差の4位とまずまずのスタート。2区の一色恭志(4年)は神奈川大に一時は離されるも、粘りの走りで2位に浮上した。

 すると3区の秋山雄飛(4年)が2年連続区間賞となる1時間3分3秒の見事な走りを見せ、神奈川大をとらえてトップに立った。

 4区の森田歩希(2年)も軽快な走りで首位をがっちりとキープ。2位の早大と1分29秒差で5区の貞永隆佑(3年)にたすきをつないだ。

 先頭でたすきを受けた貞永は、往路3連覇へ向け箱根の山を疾走。2位を走る早大の追走を危なげなく振り切り、チームメイトらが待つ歓喜のゴールに駆け込んだ。

 2位の早大は青学大と33秒差の5時間34分18秒でフィニッシュ。5区の安井雄一(3年)が、あすの復路につながる見事な追い上げを見せた。

 青学大と2分34秒差の3位に順大。同じく2分40秒差の4位は東洋大が続いた。駒大は5位、神奈川大は6位でフィニッシュ。中央学院大は5区の細谷恭平(3年)が4人抜きの走りを見せて7位に入った。以降は、8位上武大、9位創価大、10位日大の順でゴールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2017年1月2日のニュース