オムロンが18度目の優勝 男子は大崎電気が制覇

[ 2016年12月25日 17:59 ]

 ハンドボールの日本選手権最終日は25日、東京・駒沢体育館で日本リーグ勢による決勝が行われ、5大会連続で同じ顔合わせとなった女子は、オムロンが前回覇者の北国銀行を延長戦の末に28−25で破り、2大会ぶり18度目の優勝を果たした。

 男子も延長で大崎電気がトヨタ車体に31−30で競り勝ち、2大会ぶり13度目の頂点に立った。

 オムロンは永田が攻守で奮闘した。大崎電気は延長の後半終了間際に信太が決勝点を挙げ、それぞれの最優秀選手に選ばれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年12月25日のニュース