ヤマハ発、ホーム敗戦 清宮監督「テクニシャンぶりにやられた」

[ 2016年12月25日 05:30 ]

ラグビートップリーグ第13節第1日 ( 2016年12月24日    ヤマハスタジアムほか )

<ヤマハ発動機・サントリー>サントリーに敗れ、選手をねぎらうヤマハ発・清宮監督 
Photo By スポニチ

 ヤマハ発動機は、ホームで全勝がストップ。無念の首位陥落に清宮監督は「マイボールスクラムでしっかりキープできていれば。サントリーのテクニシャンぶりにやられてしまった」と悔やんだ。

 WTB伊東の4戦連続トライなどで10点を先取するも、最大の持ち味であるスクラムからの失点が心理面に影響を及ぼした。右足の違和感が消え、先発で5試合ぶり復帰のSH矢富も「自分の力が足りず、迷惑をかけてしまいました」と肩を落とした。自力での初優勝の可能性が消滅。イブの悲劇にもフッカー日野は「これで終わりではありません」と残り2試合に気持ちを切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2016年12月25日のニュース