五輪予算、21日にも発表 組織委幹部が見通し

[ 2016年12月12日 21:39 ]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、大会予算を21日にも発表する見通しであることが12日、分かった。組織委幹部が明らかにした。五輪のバレーボール会場見直しの結論を出すため、国際オリンピック委員会(IOC)、組織委、東京都、政府がテレビ会議形式での4者協議を21日に開く方向で調整しており、会議の中で予算に関しても了承を得る。

 開催経費は招致段階で7340億円としていたが、物価高騰などで大幅に膨らむ見込みとなっている。11月29日に行われた4者トップ級会合で、組織委は大会の全体予算について2兆円を切るとの見解を示した。IOCはさらなる削減と早急な予算提出を求めている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月12日のニュース