パーマー氏 マスターズ優勝トロフィーが競売に 史上2番目の高値で落札

[ 2016年12月12日 10:37 ]

アーノルド・パーマー氏 2011年撮影 (AP)
Photo By AP

 オークションに出品されていた故アーノルド・パーマー氏のマスターズ優勝トロフィーが11日、44万4012ドル(約5123万円)で落札された。

 9月に他界したパーマー氏はマスターズで通算4勝(1958年、60年、62年、64年)をマーク。同大会で優勝トロフィーが授与されるようになったのは93年からだが、過去の優勝者も購入することができるという。競売にかけられたトロフィーはバージニア州のゴルフ場が展示用にパーマー氏から購入したが、諸事情により、2013年にコレクターへ転売されたそうだ。

 スポーツ専門局ESPNによると、この優勝トロフィーはゴルフ関連の記念品では史上2番目の高値で落札されたとのこと。最高額はホートン・スミスが1936年に優勝したマスターズのグリーンジャケットで、68万2229ドル(約7871万円)だったという(2013年に落札)。パーマー氏の家族は同メディアに対して「落札者の方にはアーノルド・パーマーのファンがこの先何年も鑑賞できるようにトロフィーを公開展示してほしい」とコメントを出している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月12日のニュース