京都 粘って粘って逆転勝ち A東京の得点源封鎖

[ 2016年12月12日 05:30 ]

Bリーグ A東京・田中(左から2人目)をマークする京都ディフェンス
Photo By 共同

 京都がA東京に71―67で競り勝ち、11勝12敗。A東京は17勝4敗。京都は第4Q終盤に逆転し、堅い守備で逃げ切った。中地区首位の川崎は81―69で秋田を退け、20勝目(3敗)を挙げた。千葉は三遠に85―84で逆転勝ちし、連勝を11に伸ばして16勝7敗。西地区首位の三河は71―87で横浜に敗れ、17勝6敗となった。

 京都は、最後まで衰えない気迫で、リーグ屈指のタレント集団を破った。京都がA東京に逆転勝ちした。

 第4Qに一時9点をリードされたが、粘った。1点差まで追い上げると、残り約3分で岡田が密着マークに体勢を崩しながらも3点シュートをねじ込んだ。「集中しているし、決める自信はある」。その後は相手の得点源の外国人選手を複数のマークで取り囲むなど、体を張った守備で再逆転を許さなかった。

 チームは10月に6連敗を喫するなど苦しんだ。だが、課題を修正し、巻き返してきた。勝率5割まであと1勝。岡田は「完成度上がってる」と自信を深めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月12日のニュース